愛犬への芸の教え方のコツ、お座り、お手、おかわり、そして『あご』

これまでペットを飼ったことの無いパパやママでも安心して犬を飼うことができる『愛犬との暮らしアドバイザー』パピヨンアリアのパパのじゅんです。

犬を飼っていると愛犬に他の犬とは何か違う芸を仕込みたくなるのが飼い主の心情(?)

我が家の愛犬パピヨンのアリアは一般的なお手、おかわりに加えて、『あご』をします。

『あご』って何だ?

動画をご覧下さい(^_^;

お手、おかわり、そして・・・あご?

という訳で、アリアに『お手』、『おかわり』、そして『あご』をしてもらった動画がこちらです(゜o゜)

芸を覚えさせるときは必ずおやつを使って褒めて伸ばそう

愛犬に芸を覚えさせる場合、必ず

  • 褒めて伸ばす

事を心掛けましょう。

決してスパルタはダメです。

出来ないからってイライラせず、飼い主の方が心に余裕を持って愛犬に粘り強く接してあげましょう。

アリアおやつ頂きます

そして、出来た時にはおやつをあげましょう。

そうすれば愛犬は

これをすれば飼い主さんに褒めてもらえて、おやつも貰えるんだ、嬉しい♡

と思い、その芸を覚えて、次やった時も同じことを繰り返ししてくれるようになります。

上のビデオでは映像として映ってませんが、『よし』の後、アリアの大好きなゆで卵もらってます(●^o^●)

最初は『お座り』と『ハウス』から始めよう

基本として、愛犬に最初に覚えさせておきたいのは『お座り』と『ハウス』。

この2つを覚えさせておけば、緊急時にも使えて便利です。

アリアお座り

『緊急時』と言っているのは例えば次のような時。

  • 食器等床に落として割ってしまった時
  • ネギ類やチョコレート等、愛犬にとって害のある食材を床に落としてしまった時
  • 愛犬が興奮して吠え止まなくなった時

こんな時に『お座り』や『ハウス』で危険を回避したり、愛犬の興奮を抑えることができます。

いっぺんに覚え込ませようとせず、1つ1つゆっくりと

アリアあご

愛犬が芸を覚えるのは、飼い主さんとの信頼関係があるからこそ。

焦らず、楽しんで芸を覚えさせましょう。

愛犬に芸を教える時に人気のおやつBest3はこちら