フォルクローレを初めて体験したペルー旅行、アルパカ肉も食べたよ

これまでペットを飼ったことの無いパパやママでも安心して犬を飼うことができる『愛犬との暮らしアドバイザー』パピヨンアリアのパパのじゅんです。

昨日のブログで南米の音楽『フォルクローレ』を演奏する『ルイス・サルトール』を紹介しました。

南米の音楽フォルクローレを聞きにルイス・サルトールのコンサートに行ってきました

私がこの『フォルクローレ』という音楽に初めて生で触れたのはペルーという国に旅行した時のことでした。

ペルーでは『マチュピチュ』だとか『ナスカの地上絵』と言った有名どころはもちろん行きましたが、その他にも印象に残ったことはたくさんありました。

その中の一つがクスコという街で入った『ドン・アントニオ』というレストラン。

このレストランの名物は広いステージで連日行われるコンサート。

この日は『アルコ・イリス』というバンドのフォルクローレ演奏がされました。

私はこの時の演奏をいたく気に入ってしまい、思わずCD買って帰っちゃいました(*^。^*)

策略にはまってます(^^ゞ

レストランと言えば肝心の料理ですが、ビュッフェ形式になっており好きなものを取って食べられます。

その中には何と『ミラバ○ッソ』でお馴染み(古い?)のアルパカの肉まで!!

思わずとって食べちゃいました(●^o^●)

アルパカ肉

『ドン・アントニオ』では写真を撮り忘れてしまったので、この写真は別の所でもう一度アルパカ肉を食べた時の写真ですが、とにかく柔らかくて、最高級牛肉を食べているような感覚に襲われました。

とにかく美味い(●^o^●)

日本では食べられる所に出会ったことが無いので、現地行ったら絶対に食べてみて下さい。

感動しますよ!!