伊豆の犬OKな宿『ウブドの森』のドッグランと離れがおすすめ7つの訳

これまでペットを飼ったことの無いパパやママでも安心して犬を飼うことができる『愛犬との暮らしアドバイザー』パピヨンアリアのパパのじゅんです。

伊豆は観光地の中でもワンちゃん連れに優しい街、ペット連れの遊べる場所、お宿が数多くあります。

そんな伊豆に、我が家の愛犬パピヨンのアリアを連れて、2015年10月30日(金)~31日(土)の2日間、旅行に行ってきました。

『ウブドの森』を何回かに渡って当ブログでは紹介していますが、そのまとめページはこちらです。

⇒ 愛犬と泊まれる伊豆のリゾートホテル『ウブドの森』のまとめと朝食

前回はこの日宿泊したホテル『ウブドの森』のお庭を紹介しました。

(リンクはこちら) ⇒ 愛犬と宿泊できる伊豆の温泉宿『ウブドの森』はお庭も超豪華なリゾートホテル

この『ウブドの森』、とっても広大な面積があり、広~いドッグランも備えています。

今日は『ウブドの森』のドッグランを紹介します。

伊豆なのにインドネシア バリ風建築が見られる不思議な空間

伊豆の愛犬と泊まれるホテルウブドの森のバリ風門

このホテルの名前『ウブドの森』の『ウブド』というのは、

インドネシア共和国バリ州ギャニャール県ウブド郡の村。

ウブド郡の中心であり、ガムラン音楽、バリ舞踊、バリ絵画など、芸術の村として知られ、観光の盛んな村である。

地名の由来は薬草(現地語でウバド:Ubad)が訛ったものと言われている。(Wikipediaより)

なのだそうで、全体的にバリの風景を思い起こさせる建物になっています。

このドッグランに繋がる門もその様な建築になっていて、日本のシンプルなものに比べて、非常に複雑な模様が装飾されています。

ウブドの森の離れを選びたくなる4つの特徴

伊豆の愛犬と泊まれるホテルウブドの森の離れ家響月に繋がる門

この『ウブドの森』には、ホテルスタイルの部屋以外に『輝月(かづき)』と『響月(ひびき)』という2棟の離れが用意されています。

この離れには次のような4つの特徴があります。

1.ノスタルジックを感じさせる日本伝統建築の粋

日本の古民家風の佇まいで落ち着いた空間を演出しています。

2.開放感のあるバリのヴィラと和の風情を感じる温泉風呂

温泉は離れ専用の内風呂と露天風呂があります。

内風呂は石造りの純和風、露天ぶろは信楽焼の浴槽にバリのヴィラ風のデザイン。

愛犬用の浴槽まで備えられています。

3.縁側に腰かけ愛犬の戯れる姿を眺める

灯篭や苔むした和風の縁側を備え、ゆっくりしながら伊勢砂利で敷き詰められた庭で遊ぶ愛犬を眺めることができます。

伊勢砂利のお蔭で足も汚れにくい、と良い事尽くめです。

4.食事は専用の個室で愛犬と一緒に

食事はホテルの人たちとは別で、専用の個室が用意されています。

愛犬と一緒にゆったり食事を楽しむことができます。

ウブドの森のドッグランの3つの特徴

1.ドッグランの中にはハンモックまで備え付け

伊豆の愛犬と泊まれるホテルウブドの森のドッグランにあるハンモックに乗るママとアリア

ドッグランにはハンモックも備え付けられており、実際使用することができます。

愛犬が嫌がりさえしなければ(^_^;)、一緒にゆらゆら揺られてみて下さい!(^^)!

2.他のワンちゃんが苦手なワンちゃんの為の、小さく囲まれた個別の空間

伊豆の愛犬と泊まれるホテルウブドの森のドッグランの個別空間

我が家の愛犬パピヨンのアリアのように他のワンちゃんが苦手、という子には、広いドッグランの中に更に小さく囲われた小さなドッグランがあります。

他のワンちゃんにおっかけられたくない、という臆病な子はここに逃げ込めます(*^。^*)

3.ウッドチップで足に優しい&汚れにくい

伊豆の愛犬と泊まれるホテルウブドの森のドッグランの個別空間内でジャックラッセルに追い詰められるアリア

足下はウッドチップが敷き詰められ、足に優しい&汚れにくい。

天気の良い日は愛犬と一緒に心行くまで『ウブドの森』のドッグランで遊んでみて下さい。

こちらは我が家の愛犬パピヨンのアリアのドッグランでの動画です。

なんとなく『広い!』と思ってもらえたでしょうか?

↓『ウブドの森』の予約はこちらからどうぞ(楽天トラベルのページ及びじゃらんのページに飛びます)

コメント

  1. […] 伊豆の愛犬と宿泊できるホテル『ウブドの森』のドッグランと離れが豪華で心地良い訳 […]