北軽井沢でペット(犬)と観光するなら鬼押出し園に決まり!

これまでペットを飼ったことの無いパパやママでも安心して犬を飼うことができる『愛犬との暮らしアドバイザー』パピヨンアリアのパパのじゅんです。

先日紹介した”北軽井沢で野菜果物狩りをペット(犬)と楽しめる”『石田観光農園』さんに続き、”北軽井沢でペット(犬)と観光できる”浅間山の噴火により形作られた『鬼押出し園』に行ってきました。

”北軽井沢で野菜果物狩りをペット(犬)と楽しめる”『石田観光農園』さんの記事はこちらです

これまでペットを飼ったことの無いパパやママでも安心して犬を飼うことができる『愛犬との暮らしアドバイザー』パピヨンアリアのパパのじゅんです。 ...

この北軽井沢で野菜果物狩りをペット(犬)と楽しめる『石田観光農園』から車でおよそ15分ほどの距離にある、北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』を紹介します。

北軽井沢『石田観光農園』から車で20分の距離にあるペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』

まずは、北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の場所です。

北軽井沢で野菜果物狩りをペット(犬)と楽しめる『石田観光農園』からの車でのルートも示しました。

グーグル先生は15分と言っていますが、車の混み具合でもう少しかかるでしょう。

私が行ったときはお盆の観光シーズン時期でしたが、20分で着いちゃいました。

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』とは?

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園入り口前からの景色

北軽井沢にある『鬼押出し園』、なんだか奇妙な名前ですよね?

果たして、『鬼押出し園』とは何なのでしょうか?

Wikipediaには次のように書かれています。

鬼押出し園(おにおしだしえん)は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある公園である。一帯は1783年(天明3年)におきた浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩で、膨大な量の溶岩が風化した結果形成された奇勝を巡回できる。

200年以上前に起きた浅間山(長野県側の軽井沢と群馬県の県境にある)の噴火によって形成された地形。

火口で鬼があばれて岩を押し出した、という当時の人々の噴火の印象が、この名前の由来となっているそうです。

北軽井沢の『鬼押出し園』はペット連れも大歓迎の絶景観光地

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園おもしろ岩探しポスター

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』は、通年営業で休みなし。

入園は8:00AM~16:30PM。

大人(中学生以上)¥650、子供¥450ですが、団体割引や期間限定の割引なんかもあるようです。

ペットに関してはワンちゃん(犬)に関しては、入場OKと明記されています。

もちろん、リードを離さず、マナーはきちんと守って愛犬との観光を楽しみましょうね。

その他の動物に関しては、北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』のホームページに書かれた電話に問い合わせをしてから行った方が良いかもしれません。

北軽井沢『鬼押出し園』のホームページからは割引チケットもゲットできるので、ぜひ見てみてください。

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』ホームページ

http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/

入場を済ませたらいざ北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』散策に出発!

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園チケット売り場

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』のチケット売り場は、券売機もあって、窓口もあるという、ちょっと不思議な感じですが、窓口にてチケット購入。

割引チケットを持っている場合は、必ず窓口に向かいましょう。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園赤鬼の顔出し

入場してすぐのところに、赤鬼さんの記念撮影スポット発見。

取り敢えず、我が家の愛犬パピヨンのアリア、赤鬼さんに食べられときました(;゚Д゚)

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』での食事はラーメン『鬼火山』がおすすめ

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園内のラーメン屋鬼火山

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の到着が、ちょうど昼過ぎだったということもあって、まずは腹ごしらえ。

食堂はラーメン屋さんの『鬼火山』と、いわゆる観光地メニューが揃った食堂(店名忘れました)があります。

他には屋台がいくつか出ているので、そういったところで買い食いするのもありです。

お腹がすいてるなら、ラーメン『鬼火山』がおすすめ。

ペット(犬)は店内はNGです。

でもお店のおばちゃんが、我が家の愛犬パピヨンのアリアを見て、一生懸命席を確保してくれようとしてました。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園内のラーメン屋鬼火山のメニュー

メニューがでかでかと表示されているので、お店に並ぶ前に決められて安心です。

ラーメンのお値段は¥800~¥900前後でした。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園内のラーメン屋鬼火山の信州味噌ラーメン

私はせっかく軽井沢に来たということで、『信州味噌ラーメン』を注文、

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園内のラーメン屋鬼火山の辛味噌ラーメン

妻は『辛味噌ラーメン』を注文しました。

軽井沢の涼しい風を受けながら食べるラーメンは格別なものがありました(●^o^●)

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道は脚力に合わせてコースが選べる

食事を済ませたら、いよいよ『鬼押出し園』を散策しましょう。

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道は、たくさんのコースがあります。

脚力や時間の余裕を見て、コースを選びましょう。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩マップ

チケット売り場で紙のマップももらえるので、地図を見ながら散策しましょう。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道入口

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道入口にはこんな門が構えています。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩そばの青鬼のおに吉

門のそばには青鬼の『おに吉』さんが控えていました。

我が家の愛犬パピヨンのアリアは、まずは『おに吉』さんにごあいさつ(^^♪

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道の散策を始めると、こんな風景が広がります。

溶岩によって作られた地形、壮大です。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道の絶景

溶岩もすごいんですが、よくここに遊歩道を作ったよね、という地形。

『鬼押出し園』を切り開いた先人たちに感嘆です。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道を歩く愛犬パピヨンのアリア

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道を我が家の愛犬パピヨンのアリアも一生懸命歩いてました。

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』には休憩ポイントがたくさんあるから安心!

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道のお休み処

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道には、上の写真のように『お休み処』が、要所要所にあるので、体力に自信がない方にも安心です。

『お休み処』のそばには、こんなものもありました。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道に自生するヒカリゴケ表示

『ヒカリゴケ』とは、暗闇の中で怪しく光り輝く『苔』のこと。

実際に覗いてみると・・・

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道に自生するヒカリゴケ

う~ん、写真では分かりにくいですね。

でも確かに『ヒカリゴケ』、光ってましたよ。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道で食べたソフトクリーム

途中でソフトクリームも食べられます(●^o^●)

残念ながら愛犬パピヨンのアリアはソフトクリームを食べられません(/_;)

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道には見どころがいっぱい

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道の浅間山観音堂

上の写真は『浅間山観音堂』。

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』の遊歩道には、所々にこんな観光スポットが点在してます。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道の浅間山観音堂の鐘

ここでは鐘をつけます。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道の硬貨がはまった溶岩

これ、遠くからキラキラ光ってたんで、何かな~、と顔を近づけてみると・・・

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道の硬貨がはまった溶岩アップ

なぜか、硬貨がいっぱいはまってました。

溶岩による自然の岩に硬貨がはまってる風景がなんだかおもしろいです。

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園遊歩道の炎観音

こちらは『炎観音』。

ここでもお参りさせてもらいました。

北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』まとめ

北軽井沢でペットと観光できる鬼押出し園のペットショップ森のらんぷ

入場口手前には、『森のらんぷ』というペット専門ショップもあったりなんかして、ペット(犬)にも優しい北軽井沢でペット(犬)と観光できる『鬼押出し園』。

ペット(犬)連れで、北軽井沢に行ったなら、ぜひ立ち寄ってみてください。

旅行の際は、下記のサイトからペット(犬)と泊まれる北軽井沢周辺の宿を探してみてください。

『じゃらん』の『わんこと泊まれる宿』特集はこちらから

『楽天トラベル』の『ペット泊まれる宿』特集はこちらから

『JTB』の『ペットも一緒のお部屋に泊まれる宿』特集はこちらから